顎ニキビが痒い原因は?気になる治療法も徹底解説!

痒い顎ニキビに悩んでいる人は多いものです。

掻いてしまうと悪化しそうだからと我慢している人もいるでしょう。

そうなると、気になって頻繁に鏡をのぞいてしまうものですよね。

では、痒い顎ニキビには、どう対処したらいいのでしょうか? 

顎ニキビにかゆみが生じる原因は、大きく分けて3つあります。

ここでは、顎ニキビが痒くなる原因と治療法について詳しく解説しています。

痒い顎ニキビに悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

顎ニキビにかゆみが生じる原因

 
顎ニキビが痒い原因を、詳しくみていきましょう。

生活習慣の乱れなどホルモンバランスが関係している

肌は生活習慣の乱れやストレスなどによるホルモンバランスの乱れに敏感です。

女性ホルモンであるエストロゲンには美肌効果があり、生理前や更年期になると減少します。
その結果、体内の男性ホルモンが多い状態になります。

そうなると、男性ホルモンの働きによって皮脂の分泌も増加し、ニキビができやすくなるのです。
そのため、痒い顎ニキビが増えることにもつながるというわけです。

また、ストレスは不眠や便秘の原因になります。
成長ホルモンは睡眠中に分泌され、不眠になると分泌量が減ります。
その結果、交感神経の働きが悪くなり、便秘になることも。

便秘になると体内に老廃物が長く蓄積されることになるので、肌トラブルを引き起こしやすくなり、痒い顎ニキビができる原因にもなります。

ビタミン・ミネラルの不足

痒い顎ニキビの原因は、普段の食生活が影響しているケースもあります。
ビタミンやミネラルは肌の再生を促進してくれる働きを持つので、美肌に欠かせない成分です。

これらが不足すると毛穴が詰まる元となり、アクネ菌が増殖します。

ニキビの原因菌であるアクネ菌が増えれば、当然ながら痒いニキビもできやすくなるのです。

洗顔フォームの使い過ぎ等 乾燥肌

顎ニキビにかゆみを生じる主な原因は「乾燥」です。

乾燥肌になると、肌が持つバリア機能の低下につながります。

そうなると、外部からのわずかな刺激にも敏感になり、かゆみを生じる場合もあるのです。

乾燥肌はかゆみだけでなく、ニキビ自体を悪化させる原因にもなります。
乾燥から肌を守ろうとして皮脂量が増加するため、ニキビの悪化や新たなニキビが発生する原因にもなるのです。

顎ニキビのかゆみを治す方法

次に、痒い顎ニキビを治す方法をみていきましょう。

サプリメントで栄養を補う

かゆみのある顎ニキビができる原因には、前述のようにホルモンバランスの乱れとビタミン不足があります。
それらは生活習慣の改善やスキンケア方法の見直しなどによって対策するのが一般的です。

対策方法の中でも手軽なのは、サプリメントで栄養を補うことです。
必要な成分を含むサプリメントを摂取することで、痒い顎ニキビの改善が期待できます。

改善にあたって大事なのは、ニキビができる原因に合わせてサプリメントを選ぶことです。

そうすることで、あっさりと改善するケースもよくあります。

ホルモンバランスの乱れ:チェストツリー配合サプリ

ホルモンバランスの乱れが原因となっている場合は、「チェストツリー」配合のサプリメントを選ぶようにしましょう。

チェストツリーはホルモンバランスを整える、もっとも効果的な成分とされています。

とくに、女性は生理の関係でホルモンバランスが乱れやすいので、チェストツリー配合のサプリメントがおすすめです。

痒い顎ニキビ:ビタミンBとビタミンC

そして、痒い顎ニキビの改善に効果的なのが、ビタミンBとビタミンCです。

とくに、ビタミンB群は皮膚の形成・修復のために大切な栄養素であるため、サプリメントで積極的に摂取するようにしましょう。

こういったサプリメントを摂取することで、すでにできている痒い顎ニキビを鎮静化することが可能です。

それだけでなく、肌荒れの改善にも効果を発揮します。

皮膚科で塗り薬を処方してもらう

痒い顎ニキビの治療には、塗り薬を使用することも多くあります。ここでは、皮膚科で処方される代表的な塗り薬を4つご紹介します。

アクアチム軟膏

ニキビの炎症や赤みを抑えてくれる塗り薬です。アクネ菌といったニキビを悪化させる細菌を殺菌する効果がある、ニューキノロン系の抗生物質です。副作用はほとんどありません。

ダラシンTゲル

アクネ菌が元となって炎症を起こしたニキビの治療に用いられます。リンコマイシン系の抗生物質で、殺菌効果が高いのが特徴です。また、副作用がほとんどない塗り薬です。

ベピオゲル

ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖を抑える効果を持つ塗り薬です。効き目が早いのが特徴で、古い角質を除去するピーリング効果も持っています。

ベピオゲルは、ニキビ治療の先進国として知られるアメリカでは一般的に使用されている塗り薬です。しかし、肌の乾燥や痛みといった副作用が現れる場合もあります。

ディフェリンゲル

初期のニキビに効果がある塗り薬で、黒ニキビ・白ニキビ・赤ニキビの治療に用いられます。毛穴の詰まりに作用し、ニキビの悪化を防いでくれる効果があります。

副作用として肌の乾燥を招くことがあるため、長期間の使用は注意が必要です。
医師と相談のうえでの使用が求められます。

睡眠を十分に取る

痒いニキビの原因の一つにホルモンバランスの乱れがあります。
そのため、改善するにはホルモンバランスを安定させることが大事です。

ホルモンバランスを安定させるには、毎日7時間以上の睡眠を取るのが理想的です。

22~深夜2時の間は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、成長ホルモンがもっとも多く分泌される時間帯です。

この間に、しっかりと睡眠を取るように習慣づけましょう。

顎ニキビが痒い!食生活ひとつで改善できるポイントを知ろう

痒い顎ニキビは、食生活を見直すことで改善できる可能性があります。

ここでは、痒い顎ニキビを改善するための食生活と、肌に良い食べ物をご紹介します。

まずは、痒い顎ニキビを改善するにあたって、積極的に食べたい食品を知っておきましょう。

発酵食品

納豆やキムチ、味噌、醤油などの発酵食品は、腸内環境を整えてくれる働きがあります。また、体内の酵素を増やす作用も持っています。

野菜、果物、海藻

生野菜や果物には酵素が多く含まれており、ビタミンやミネラルも豊富です。ビタミンやミネラルは酵素の働きをサポートするため、肌の再生につながります。また、海藻にもビタミンやミネラルがバランス良く含まれています。

食物繊維

便秘は痒い顎ニキビの原因になるため、キノコや根菜類といった食物繊維を含む食品を食べて、腸内環境を整えておくようにしましょう。食物繊維を含む食品は噛みごたえのあるものが多く、よく噛んでゆっくり食べることでリラックス効果にもつながります。

バランスのよい食事でニキビをなくそう!

痒い顎ニキビを改善するためには、上記に挙げた食品をバランス良く食べるのがポイントです。
この機会に、普段の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

逆に、食べるのを控えた方がいい食品もあるので覚えておきましょう。
精製食品や食品添加物を使用した食品、多量の砂糖や油を使用したお菓子などは、消化するためにたくさんの酵素を使う必要があります。

その結果、肌の再生力が弱まり、老化の原因にもなります。
痒い顎ニキビができてしまっている人は、これらの食品はできる限り口にしないようにしましょう。