顎ニキビに効く漢方コレ! 漢方のメリットデメリットは?

顎ニキビは軽度であれば、洗浄とクリームの塗布ですみますが、悪化しそうな場合、身体の内側から改善する必要があります。

漢方は原因療法であり、考え方は西洋の薬とは違います。
そのため、漢方を始めるには、基本的な知識が必要になります。

顎ニキビに効く漢方の種類と効果

顎ニキビに効く漢方の種類と効果は漢方の作用と関わりがあります。

通常の肌に塗布するものであれば、その働きはそれぞれありますが、漢方の場合は、飲用によって新陳代謝を高め、ホメオバランスを高めてくれる点にあります。

つまり、身体的精神作用に効く理由があるからなのです。

顎ニキビに効く漢方を見ていきましょう。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

この漢方の薬包は、主に、代謝を高める効果があります。
特に月経不順などの対策に効果的です。
ホメオスタシスを安定に導きます。

その結果、ライフバランスの崩れた顎ニキビに対応します。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

この薬包は更年期障害に効き目があり、血流を良くする働きがあります。

なので、精神的な安定に効果があり、ストレスにまいりやすい時期には、適しています。
結果として、ストレスから発生するニキビ対策になります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

この薬包は女性用と言ってもいいです。

特に、腰回りのものに効きます。
血の流れを良くするもので、良性の薬と言っていいでしょう。

漢方のメリット

漢方のメリットは、薬が直接身体に働きかけ、内側から体質の改善を行う点にあります。

生来のものを使用しているので、副作用はさほど心配ありません。

西洋医療と違う点は、内側から、血の流れや気の流れを良くするという点です。

体の中から改善できる

体の中から改善できるのが漢方の醍醐味です。
ホメオスタシスは、恒常機能とも言い換えることが出来ます。

その際、精神的な作用も含む身体反応がありますので、体をよくすれば、精神的にも楽になります。

身体が内側からよくなれば、外に現れる症状も楽になるという考え方です。

副作用が少ない

副作用が少ないという点も漢方のメリットです。

ただし、漢方に副作用が全くないわけではありません。
虚弱体質の方には漢方をお断りすることがあります。

普通の体力があれば、体内で効き目があります。

心因性のものも改善できる根本的治療薬

心因性というのは、こころのありかになにか問題があるケースの事です。

つまり、ストレスなどのことをいいます。
心身的な反応が体に作用した場合、漢方の処方により身体を良くすることで、心因性を軽くしてくれます。

漢方のデメリット

漢方のデメリットは、多く市販されていない事と、専門医に直接診断を受けなければならないということになります。

体にあっていないと効き目はない

漢方の薬包はそれぞれ、生来の成分が配合された型としての薬包になります。

単に血流を良くすると言っても、様々あります。
特定の症状に、適用できる漢方薬包が必要になります。

即効性はない

漢方に即効性はないと言われます。

一か月以上、数カ月単位の漢方薬局への訪来が必要になります。

1日に数回服用しなければならない

一日に数回服用しなければならないというデメリットもあります。

忘れやすい人は、継続が難しくなるかもしれません。

漢方以外でできるニキビ予防

漢方以外でできるニキビ予防をみていきましょう。

ホルモンバランスの乱れに注意する

ホルモンバランスの乱れに注意するというのは、リズム感ある生活を心がけるということです。

生活の乱れが、顎ニキビに現れます。
改善するために、漢方だけでなくライフスタイルにも気をつけてください。

肌の乾燥を防ぐ

肌の乾燥を防ぐというやり方があります。

これは、肌症状にもよりますが、よい化粧水で保湿ができていないと、乾燥してニキビができやすくなります。

顎にニキビができる原因とは

顎のまわりに汚れがあると、ニキビの原因になります。
顎に付着するシーツ・毛布・衣服類の衛生的状態を保てるよう努力しましょう。

また、ストレスや不安などでも、できやすい位置です。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、身体のリズムを崩します。

すると、ニキビができやすくなってしまいます。

貧血や血液のめぐり

貧血や血液のめぐりも、顔の表面に影響します。

血色のいい状態は、精神・心因・心身としての良い状態の現れです。

食生活などの生活習慣

食生活などの生活習慣も顎ニキビに影響します。

いくら外側から肌に対策を施しても、なかなかニキビがなくならない場合は、食生活や漢方などで内側からの改善が必要になります。

試す価値あり、ニキビは漢方の力を借りて改善できる!

ニキビは漢方の力を借りて改善することが出来ます。

漢方は副作用がなく、試しやすいのでなかなか治らないと悩んでいる人は、一度漢方でニキビの治療をしてみましょう。