顎ニキビの治療で重要な対策は【化粧水】でのスキンケアだった!

気付くとできてしまっていることも多い顎ニキビ、30代や40代の女性にも悩む方が多い肌トラブルと言われています。

乾燥肌、敏感肌なのにニキビができてしまうことに対して、疑問を感じている方も多いでしょう。

そんな顎ニキビ解消には、スキンケア選びが重要であることをご存知でしょうか。

化粧水選びが間違っているとなかなか症状が改善しないで、何度も同じトラブルを繰り返します。

化粧水選びの視点、おすすめ商品を順番に紹介していくので参考に活用ください。

化粧水選びのポイント

化粧水選びのポイントは、保湿力と殺菌力の2点です。
大人の女性の顎ニキビは、乾燥トラブルから皮脂分泌過剰になって肌のバランスが不安定になることにより起こります。

乾燥トラブルを防ぐことが何よりの予防になりますから、洗顔後に保湿成分がしっかりと入った化粧水を活用しましょう。

ニキビを予防するための保湿成分で選ぶ

保湿成分でおすすめなのが、ヒアルロン酸とセラミドです。

ヒアルロン酸は肌の水分量を維持するために欠かせない成分ですが、加齢とともに少なくなってしまいます。

足りなくなったヒアルロン酸を化粧水で補うことにより、ニキビができにくく、元気な素肌を維持していくねらいです。

セラミドは、角質細胞間脂質の構成要素。
セラミド不足になるとアクネ菌の攻撃を受けやすい状態に傾いて、ニキビができやすくなってしまいます。

その他、コラーゲンやビタミンC誘導体、カミツレエキスなども大人の顎ニキビ対策におすすめしたい成分です。

口コミで選ぶ

口コミサイトを閲覧すると、ニキビ肌の方の感じた効果がはっきり分かって、選ぶ時の参考に活用できます。

ニキビが悪化した、テカリがひどくなったなどの口コミがあったらやや注意が必要です。
自分と近い肌質の口コミを参考に、化粧水を選んでみましょう。

自分の肌に合っているかをチェック

どんなに良い化粧水でも全ての方に万能なわけではなく、相性は重要です。

とくにニキビができている肌はデリケートな状態にあって、パッチテストをしてから本格的なスキンケアをはじめるのがおすすめ。

ヒリヒリする、赤くなるなどの拒否反応が出たら、一旦使用を中断して様子を見ましょう。

ニキビにオススメの化粧水3選

大人ニキビにおすすめしたい化粧水3つを紹介します。

選択した観点は、ニキビケア成分が入っていることと保湿重視のアイテムであることの2点です。

顎ニキビがひどい時には、以下から気になるものをチョイス、使ってみると良いでしょう。

ORBIS 薬用クリアローション

ニキビケアに有効なグリチルリチン酸ジカリウムが入っていて、炎症を抑えるとともにトラブルレスな素肌へと導きます。

さっぱりタイプ・しっとりタイプの2種類があって、どんな肌質の方でも比較的使いやすいアイテム。

エタノールのすっとした爽やかさも心地良く、ベタつきが気になる時にもぴったりです。

FANCL アクネケア化粧液【医薬部外品】

皮膚科医が監修しているニキビケアに特化した化粧水です。

顎ニキビを繰り返してできたニキビ跡解消効果も期待されて、なめらかできれいな素肌を作ってくれます。

漢植物エキスの力で保湿力もしっかりとカバー、低刺激ながらもしっとり潤う質感にファンが多い商品です。

ルナメアAC スキンコンディショナー

富士フィルムが出している大人ニキビ専用ラインの化粧水です。

ナノテクノロジーを採用したアクネシューターがニキビの原因菌にアプローチ、しっかりとした殺菌力なのに刺激は控えめになっていて、乾燥トラブルも防いでくれます。

ノーマルタイプ、しっとりタイプと2種類があって、肌質に合わせて選べるところも便利ですね。

正しい化粧水の付け方

ニキビが気になる時の化粧水の付け方は、手でゆっくり浸透させる方法がおすすめ。

洗顔した後に適量の化粧水を手にとって、ハンドプレスした後にお顔をカバーするようになじませます。

皮脂分泌が多いところはやや少なめ、乾燥トラブルが気になるところは重ねづけするのも、ニキビ対策には有効です。

コットンを使うと刺激になってしまうことも多く、できる限り手を使ってお手入れしましょう。

顎ニキビができる原因

そもそも顎ニキビはどうしてできてしまうのか、原因を理解しておきましょう。

よく言われる原因は、間違ったスキンケアと生活習慣の2点です。

間違ったスキンケア

ニキビが気になるからと過剰に洗顔してしまったり収れん化粧水をつけたりすると、刺激が強いことがあります。

皮脂が足りなくなった表皮は「もっと油分を出さないと」と余計に頑張ってしまって、アクネ菌が繁殖しやすい状況に傾くことが原因。

思春期ニキビとは原因が異なることを理解して、保湿を重視したスキンケアが重要です。

生活習慣・ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、栄養バランスの悪化なども、皮脂の分泌バランスを不安定にする要因です。

皮脂分泌過剰になったことから顎ニキビができやすい状態になって、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応してしまいます。

決まった時間に寝て起きる、ストレスを溜めないなど生活習慣改善によってもニキビを改善できるので、肌をいたわる生活への切り替えが重要でしょう。

顎ニキビを防ぐ方法は?

顎ニキビを防ぐために意識したい生活習慣、スキンケアの基本を紹介します。

肌を清潔に保つ

まず何より、肌を清潔に維持することです。汗をかいたらハンカチでふく、メイク汚れを残さないなど、きれいな状態を維持する取組みをはじめてみましょう。

寝る前には必ず洗顔、ターンオーバーを促す工夫も重要です。

しっかり保湿を意識してスキンケア

汚れをオフした後の肌は無防備な状態になっていて、そのまま放置すると乾燥トラブルが悪化、顎ニキビが増えてしまうこともあるはずです。

ニキビケアに適したスキンケアアイテムで丁寧に保湿、バリア機能を維持するために必要な水分を補いましょう。

肌に合わない化粧水はNG!自分に合った化粧水をしっかり選ぼう!

肌に合わない化粧水を使い続けるとバリア機能が損なわれて、ニキビができやすい肌になるばかりかシワ、シミの原因にもなりかねません。

すぐに影響が出なくても5年後、10年後といった将来のコンディションが変わってくるリスクがあって、女性にとっては頭が痛い問題です。

いつまでもきれいで老けない肌を維持するためにも、日々の洗顔とスキンケアを見直してみるのはいかがでしょうか。