治らない顎ニキビは生理前だから!? 詳しい原因と改善策まとめ

「生理前になると顎にニキビができる」と悩んでいる方は多いと思います。
生理前はニキビができやすいと聞いたことはあるけど、本当なの?原因は?なんで顎にできやすいの?

実は、女性の体とは切っても切れない女性ホルモンが関係していた!?

ただでさせブルーな気持ちになる生理前。
せめて顎ニキビからだけでも解放されたい!

この記事では、生理前と顎ニキビに深く関わる女性ホルモンについて詳しく解説します。
生理前にできる顎ニキビの改善法も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

生理前に顎ニキビができるのは女性ホルモンの減少が関係していた

私たちの体では、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されていて、この2つを総称して女性ホルモンと呼んでいます。

そして、実は女性の体でも男性ホルモンが分泌されています。
これら、エストロゲン・プロゲステロン・男性ホルモンそれぞれが、バランスを保ちながら分泌されることで健康や美肌、安定した生理周期が保たれています。

ところが、何らかの原因でホルモンバランスが崩れることで、体や肌、精神面などに様々なトラブルが現われてしまいます。
生理前にできる顎ニキビも同じです。

女性の体は生理周期に合わせて、次のように大きく2つの期間に分ける事ができます。

  • ①生理初日~排卵までの約2週間
  • ②排卵~次の生理までの約2週間

①生理初日~排卵までの約2週間

①の期間では、生理の終わり頃から排卵にかけて、エストロゲンの分泌が多くなります。
エストロゲンは「美肌ホルモン」「美人ホルモン」などと表現されることがあり、皮脂分泌を抑えキメ細かく柔らかい肌を作り出す働きがあります。
そのため、肌の調子が安定しやすく、潤いや透明感、メイクのノリの良さなどを感じやすい期間です。

②排卵~次の生理までの約2週間

一方の②の期間では、エストロゲンの分泌が減り、それと入れ替わるようにプロゲステロンの分泌が急増します。
プロゲステロンは、妊娠に欠かせない大切なホルモンです。

ただ、男性ホルモンと似た働きを持っているため、男性ホルモンと同じように皮脂分泌を活発にしてしまいます。
そのため、生理前のこの期間はニキビや肌のベタつきが出たり、敏感肌、肌の不調を感じやすい期間です。

まとめると、生理前は皮脂分泌を抑えるエストロゲンが減少し、皮脂分泌を増やすプロゲステロンが増加します。
そのため、生理前は誰もが顎ニキビができやすい状態だと言えます。

顎ニキビができる人とできない人の違いは?

それなのに、顎ニキビができる人とできない人がいます。
両者の違いに大きく関わってくるのが、ホルモンのバランスです。
※ニキビの原因はホルモンバランス以外にもありますが、ここではホルモンバランスに焦点を当てています。

例をあげてみると

  • エストロゲンが少ない、プロゲステロンが多い
  • エストロゲン、プロゲステロンどちらも少ない、男性ホルモンは適量
  • エストロゲン、プロゲステロンどちらも少ない、男性ホルモンが多い

などなど。

男性ホルモンが適量でも女性ホルモンが減少すると、相対的なバランスとして男性ホルモンが優位に働きます。
特に顎は男性なら髭が生える部分で、男性ホルモンの影響を強く受けると言われています。

そのため、女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが、顎ニキビができる原因のひとつになります。

女性ホルモンの減少やホルモンバランスを乱す原因

女性ホルモンの減少やホルモンバランスを乱す原因には、次のようなものがあります。

生活習慣のストレス

ストレスはホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部という場所に影響を与えます。

視床下部は自律神経もコントロールしているため、慢性的にストレスがかかった生活をしているとホルモンバランスも自律神経も乱れてしまいます。
その結果、女性ホルモンの分泌が減少したり、ストレスに対抗するために男性ホルモンの分泌が増加したりします。

ストレスは、精神的に不快に感じる事柄だけではありません。
睡眠不足・体の冷え・疲労・体の歪みなどもストレスとなるため注意が必要です。

イソフラボンの不足

イソフラボンは、エストロゲンと似た働きを持つ栄養素です。
エストロゲンの分泌量は、30代半ば頃から徐々に減り40才を過ぎると急激に減少すると言われています。

イソフラボンは、減少していくエストロゲンを補ってくれる栄養素のひとつです。

イソフラボン以外にもたんぱく質やビタミンなど、ホルモンの生成や分泌に必要な栄養は、たくさんあります。
栄養素の不足は、顎ニキビなど肌トラブルの大きな原因になります。

生理前にできる顎ニキビの改善法

生理前にできてしまう顎ニキビの改善法をみていきましょう。

規則正しい生活

睡眠の質を大切にしましょう。
質の良い睡眠は、心身の疲れを取りストレスを緩和させてくれます。

なるべく起床時間を一定にして、朝の時間帯の日光を浴びる事で睡眠の質を高めることができます。

適度な運動で発散する

適度な運動はストレスの発散に効果的です。
ウォーキングやジョギングなど一定のテンポで体を動かす運動は、ストレスを軽減させるセロトニンというホルモンの分泌を高めてくれます。

また、運動をすることで血行が良くなり、冷え症の改善にもつながります。

特に下半身の冷えは、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能を低下させるため、女性ホルモンの減少の原因にもなります。
太ももやお尻など下半身の大きな筋肉を動かすと、効率良く全身を温めていくことができます。

継続できるように、自分の体力に見合った運動を取り入れてみましょう。

食生活を見直す

なるべく控えたいのがコチラ。
脂質や糖質の多い食事です。
脂質や糖質の多い食事は、皮脂の分泌を過剰にします。
皮脂の過剰な分泌は毛穴を詰まらせ、顎ニキビの原因になります。

甘い物、揚げ物、スナック菓子、菓子パンなどが好きな方は要注意です。

次に、皮脂の分泌をコントロールしてくれる栄養素がコチラ。
ビタミンB2やビタミンCには、皮脂の分泌を抑えコントロールしてくれる働きがあります。

緑黄色野菜、きのこ類、果物、豚肉などに多く含まれています。

さらに、ホルモンバランスを整える栄養素がコチラ。

イソフラボン

植物性エストロゲンと言われています。
納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品に多く含まれています。
イソフラボンは腸内環境も整えてくれるので、デトックス効果でニキビ予防にも効果的です。

ビタミンE

脳や卵巣に働きかけて女性ホルモンの分泌をコントロールしてくれます。
ビタミンEの抗酸化作用で卵巣の老化を防いで、機能の維持を助けてくれます。
カボチャなどの緑黄色野菜、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

ビタミンB6

女性ホルモンの生成や代謝をサポートし、ホルモンバランスを整えてくれます。
にんにく、カツオやマグロなどの魚の赤身、バナナなどに多く含まれています。

1つの食材に偏らずに、バランスの良い食生活を心がけてください。
たくさんの栄養素を色々な種類の食材から摂れるように意識しましょう。

なかなか治らない顎ニキビも規則正しい生活でスッキリ健康に!

生理前は、ただでさえ気持ちも体も重くなりがちです。

その上、「顎ニキビに悩まされるなんて、もう嫌!」と思いませんか?

ただ、残念ながらホルモンの分泌を自分の意思でコントロールすることはできません。

まずは、規則正しい生活とバランスのとれた食生活をおくることが、顎ニキビの改善と予防につながります。
できることから始めて、スッキリ健康なお肌と体を作っていきましょう。