顎ニキビの跡をなくす方法とは?薬or皮膚科?

季節の変わり目には気がつくとニキビができていたりしますよね。

とりわけ顎にできるニキビは目立つため、気になってしまうもの。

今回は顎にできるニキビの原因や跡をなくす方法見ていきましょう。

まず最初に顎ニキビについての完全ガイドも合わせて目を通しておくのがオススメです。

そもそも顎ニキビの原因とは?


顎ニキビは単に1つの原因から発生するのではなくて、いろいろな要因が重なり合って発生するようです。

睡眠不足や疲労などにより自律神経が乱れることも理由のひとつ。

自律神経が乱れると交感神経が優位に立つため皮脂の分泌が促進され毛穴のつまりの原因になります。
それがやがて顎ニキビになっていきます。

薬?皮膚科?ニキビ跡を消す方法

ニキビ跡は大きく次の3つに分けることができます。
「シミ」、「赤み」、「凹凸(クレーター)」です。
それぞれによってケアの方法は違ってくるようですのでひとつずつ見ていきましょう。

シミのケア

シミのケアはいたって簡単です。お肌のターンオーバーと同時にシミも排出されます。

そのため、基本的には特に何もすることはありません。
ただし、いつまでたっても改善されない場合には、ホルモン療法で肌のバリアー機能を回復させることによってシミの改善を行うという方法もあるようです。

赤みのケア

ニキビ跡に赤みがある場合には、まだ炎症が治っていない可能性があります。
その場合には皮膚科を受診することを優先しましょう。

また赤みの原因が色素沈着だった場合は抗酸化ケアを行うなどすることが跡を残さないためには重要なんだそうです。

凹凸のケア

凹凸のケアにはピーリングやレーザー治療がおすすめです。

しかし、これらの治療方法は肌への負担が大きいため敏感肌の方は控えた方がよさそうです。
ニキビ跡の凹凸も時間が経てばターンオーバーに伴い改善されることもあるようです。

そのため、ホルモンバランスを整えて自然治癒を待つのも一つの有効な手段です。

どうしても自然治癒で待てない方は、レーザー治療について調べておきましょう。

顎ニキビの予防方法は?

発症してしまうとケアも大変な顎ニキビ。
本来なら発症する前に予防するのが1番ですよね。

では、顎ニキビを予防するにはどのようにすればいいのでしょうか。
それは基本的には、自律神経を整えて規則正しい生活をするということです。

顎ニキビの跡をなくす方法をご紹介しました。

基本的にニキビ跡はターンオーバーがしっかりできればある程度は改善されるようです。

そのためには、普段から自律神経とホルモンバランスを整えることを意識して、ニキビに悩まされないようにしましょうね。

今顎ニキビに効くクリームもあるので、保湿するついでに顎ニキビも予防しておきましょう。