• 男性の顎ニキビは痛い・ひどい状態になる前に薬で治そう

    “ニキビは全身にできるものですが、顔にできるものが多いですよね。
    Tゾーンに多いと言われますが、大人になると顎にできる顎ニキビが多くなります。
    あごやあご下は、皮脂の分泌が多く、にきびができやすいのです。

    ニキビの原因はアクネ菌と言われていますが、毛穴の環境として、皮脂分泌を促進する男性ホルモンの存在があります。
    顎ニキビは、この男性ホルモンの影響でできます。

    男性は、常に男性ホルモンが多いのは当然で、特に顎ににきびができやすいです。
    それに加えて髭剃りなどで、肌に傷を作ってしまい、そこにアクネ菌が入り込み、ニキビができて、ひどい状態になる方も少なくありません。
    赤みや痛みだけではなく、しこりができたり化膿したりと、一度できたらなかなか治らずに、跡となって残ってしまうケースもあります。

    男性の場合、あまりスキンケアに気を使わない、いつも同じ場所にできるけれど、薬も付けずに放っておくことで、ひどくなることもあります。
    できてしまったら、薬を使ってでも治すのが理想ですね。
    アクネス洗顔、ブロアクティブなどのニキビ用洗顔料を使用するのも良いでしょう。

    ニキビ跡の中には、クレーターやシミになることもあります。

    顎ニキビはこうした男性ホルモンが関係していることから、できたら必ず治すことを心がけましょう。

    女性は生理前に決まって顎ニキビができる方もいますが、これはホルモンバランスの乱れが関係しています。
    これは、男性ホルモンが多く分泌しているせいで、毛穴が詰まりやすくなっています。

    洗顔やスキンケアをきちんとしていたとしても、Tゾーンや頬にはできないのに顎にできることもありますね。
    お化粧をする女性は、なにかと気を使うことも多いですが、男性も顎ニキビには、薬を付けるなどの対処をすることをお勧めします。

    普段の生活のなかでは、必要以上の男性ホルモンの分泌を防ぐため、ストレスを溜めない、睡眠時間を十分にとる、脂質の多い体質(脂肪分を取り過ぎない)に改善するなどの生活習慣を改めることをお勧めします。

    顎ニキビの特徴として、全くできない方もいます。
    決して、良好な生活習慣ではないのに、体質ができにくい体であることが考えられます。

    食事は、バランスの良い内容にする(ラーメンとチャーハンではなく焼き魚定食にする)ことだけでも体質変化ができます。
    仕事をしている方、男性で自炊をされている方は、食生活改善は困難ですが、顎ニキビ防止だけではなく、健康のためにも頑張ってみてください。

    どうしても繰り返す顎ニキビに関しては、皮膚科を受診することもオススメします。
    痛みが出る前、ひどい状態になる前に薬の服用をすることで、ニキビの治りが早くなりますし、その後気をつける習慣もつくでしょう。

    カテゴリー: 顎ニキビの解消法

    コメント欄は現在閉じています。