• 顎ニキビに皮膚科の薬か漢方!痛い・痛くないは関係ない?

    顎ニキビができたとき、その中にしこりを見つけたことがあるでしょうか?
    その時のにきびは芯の部分を触ると泣きたくなるほど痛みを感じます。

    表面は赤みもあり、腫れて少し盛り上がっている、膿が溜まっている状態ですね。
    この時に、一番良い改善は、皮膚科に行くことなのです。
    にきびは単なる吹き出物ではなく、皮膚の炎症・傷ですから、外科的治療は納得です。

    このような顎ニキビデでも、薬などが市販されています。
    病院に行くことができない方は、薬を使いましょう。
    気になったから、潰しちゃった場合、ニキビ跡ができてしまいますよ。

    顎ニキビにしこりができるくらいひどくなると言うのは、その方の体質や生活習慣にも関係します。
    皮膚に膿ができやすい、ホルモンのバランスが悪いことで、にきびができやすい方に、顎ニキビができる確率が高いと言われています。

    そこで、
    ・にきびがすぐにひどくなる
    ・化粧品ができないくらい目立つ
    ・痛くないけれどしこりが気になる
    ・にきびでできない肌になりたい
    そんな方に漢方をオススメします。

    にきびに効果のある抗生物質やビタミンを使う病院の治療も良いのですが、漢方薬を利用することで、体質改善をすることが目的になります。

    漢方は病気にならない体を作ると聞いたことはあるでしょうか?
    その不調な体質になることがホルモンが原因だとすると、ホルモンバランスが悪いことで、顎ニキビに悩まされるのは容易に考えられることです。

    漢方で顎ニキビを治した経験者の口コミでは、
    “生理前の顎ニキビがとても気になって、漢方薬を飲み始めました。長い時間かかったのですが、体調がとても良くなったと同時に顎ににきびができなくなりました”
    “漢方薬を飲みながらも、アクネ専用の洗顔料を使ってケアをしました。そうすると、にきびができない皮膚になったような気がします”

    漢方薬はスキンケアと違いますから、きちんとケアは必要ですし、にきびを治すものではありません。
    そして、必ずその方に合う調合をしなければならないので、専門家に調合してもらうことも絶対に必要です。
    その上で、皮膚科も良いけれど、漢方薬で顎ニキビ克服をすることもできるということです。

    顎ニキビは痛くないけれど、見た目だけが気になる、痛みのあるものなどいろいろです。
    皮膚科に行くのも良いですが、体質改善という点で漢方 頼ってみるのも良いのではないでしょうか?
    必ず薬剤師などに相談をすることは必要ですが、体質改善・健康増進の点でも、画期的な治療といえます。

    カテゴリー: 顎ニキビの解消法

    コメント欄は現在閉じています。