顎ニキビのしこりの本格的な美容皮膚科の治療について

顎ニキビを悪化させた跡にできるしこりの治療について見てみましょう。
しこりって何?という方に説明をします。
しこりの正式名称は、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と言います。

ニキビは皮脂が毛穴に詰まって、アクネ菌が混入してできます。
あご下は、皮脂腺も多く、手で触ったりすることが、ニキビができやすく、炎症も起こしやすいところです。
皮脂と言っても思春期のものではなく、ホルモンバランスの乱れからくるものが多いのです。

例えば、女性の生理周期、男性の髭剃りで肌に慢性的に起こるストレス、精神的なストレスなど比較的高い年齢層で発生するニキビであることから、大人ニキビとも言われています。
ですから、ただ洗って良いものではなく、顎ニキビを傷と見て、病院に行き、きちんと治すことで大切です。

で、しこりなのですが、これは顎ニキビが治りかけた時に、傷を治そうとする新しい皮膚なのです。
皮膚も普通に再生していれば問題ないのですが、ニキビという狭い箇所に再生することから、肌が盛り上がり、しこりになります。
赤い膿のあるニキビの時に、肌が盛り上がることがありますよね。

あの時に、抗生物質などで細菌を薬で退治しないでいると、しこりができやすくなります。
そんな再生したしこりは化粧水などのスキンケアでは治すことができず、美容皮膚科などで治療をしなければ元には戻らないのです。

具体的な治療は
・ステロイド注入
新しいしこりに有効です。
しこり部分の炎症を抑え、毛細血管などを萎縮させ、傷跡和小さくします。

・レーザー照射
しこり部分にレーザーをあてて、皮膚組織の再生を促進します。
下から新しい肌を作ることで、しこりをなくします。

単にしこりではなく、ケロイド(火傷痕のように)になっている場合の治療は
・内服薬
リザベン(抗アレルギー剤)の処方

・塗り薬
ステロイド系の軟膏を使います。
保湿のさせることで血行促進、血液が固まらない(しこりを作らない)ようにします。

・圧迫
柔らかな素材でしこりを圧迫します

・注射
ケロイドに直接ステロイド剤を注入します。

ニキビ治療ではなく、やけどの治療のような感じですが、それよりも肌に対する刺激が大きいといえます。
ステロイド剤などは副作用があるため、服用できない方もいて、治療は限定的になります。

このような事にならないよう、しこりができるかどうかではなく、ニキビそのものを作らないようにすることです。
顎ニキビは大人ニキビというのなら、大人ニキビ用のスキンケアをする・メイクは気をつける・便秘にならないなどの日常生活も気をつけてみてください。

女性は生理前に繰り返す顎ニキビの場合、婦人科系疾患が存在することもあります。